うさぎのどんぐり(Mix♀)と
夫婦が暮らすのんびりライフ
<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 【スナップウェア】にペレットと消臭砂 | main | ここ掘れどんどん! >>
ケージ置き台を変更

前エントリに引き続き、
地震対策も含めた安全改良の記録。

日曜大工でトンカン・トンカン・ギュイーン。
ケージ置き場を作り替えました。

【置き台変更点】
★脚を安定感のある角材に
★幅を85cm⇒100cmに
★高さを33cm⇒17cmに低くして安定
(ケージの出入口とスツールの高さを合わせた)
★木材はやすりがけのみ、無垢材のまま(へやんぽ中に齧ってもOK)
★へやんぽリビングと同様、ケージ周りにもコルクマットを敷いた
(滑り止め、足裏保護、保温のため)


【大地震時のケージ転倒・移動防止】
★「台と壁」「ケージ本体と壁」はフックで固定。
ケージ洗浄時等のため「取り外し可能」であること。
地震の揺れを吸収するため、ある程度の「あそび」も必要。

【うさどんの安全対策】
★ケージの上には何も置かない
★割れそうなモノを周囲に置かない
・保温器をヒヨコ電球⇒パネルヒーターに
・ビンやホウロウ⇒プラ製のスナップウェアに

★周辺に家具等は置かずにすっきり
★ケージ内に固定出来ないモノを置かない
・地震時に動いて凶器となりそうなモノ(軽いチモシー座布団以外)
・固定できない木製ハウス
・固定できないかじり木等のおもちゃ
・陶器製のごはん皿 etc…

★ケージに固定できない類の「木製ハウス」について
どんちゃんは1歳頃まで愛用してましたが、現在はありません。
・上に飛び乗る時にグラッと揺れて不安定だった
・木板は滑りやすく、長時間居ると足裏に負担が大きい
・齧るのは良いけどペロペロ舐めた水分で木製は不衛生 etc…

★「布類」のマットや布団も誤飲防止でケージ内には置かない

【置き台とロフト】
現時点で、ケージを地べたに置かない主な理由のひとつは、
「床と室内の激しい気温差」を考慮。
ロフト設置理由にも関係しています。

【3月夜の温度記録・エアコン設定温度21度】
14.4度 床面
17.8度 台の上ケージスノコ面
18.2度 ケージ2階ロフト
20.1度 ケージ3階ロフト
20.7度 部屋の壁面

真冬の床面は10度前後になることもあり。
我が家はRC構造のボロ社宅なので底冷えします。
床暖房なんてマーベラスな設備があるわけも無く…。
パネルヒーターは安全であたたかく、ほんと重宝。

真夏・真冬ともにエアコンで温度管理しても、
地べた付近と設定温度を同等にはできません。

サキュレーター代わりの扇風機を併用しても、
どんちゃんに風力ストレスがかかるし、
埃や毛が余計に舞い散るのでケージ近くでは使えません。

人間には些細な温度差・湿度差・気圧差でも、
うさぎのどんちゃんの身体や気分には影響大。


ロフトの件の詳細も含め、飼育環境全般に関する見解等、
長くなりそうなのでまた後日改めてエントリします。

★「うさどんライフ」の飼育環境対策や地震対策は、
「わたしとどんちゃん基準」のリスクヘッジに過ぎません。

すべてのうさぎ・うさ飼いさん宅に合うものではなく、
強要・否定の類ではないので、あしからず。