うさぎのどんぐり(Mix♀)と
夫婦が暮らすのんびりライフ
<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 「ましゅまろ」お泊り2回目(富士山) | main | 富士山☆挑戦 >>
夏の車中キャリー

人間も動物も「熱中症」が怖い夏夏夏!
(ZIPPEIの訃報にオラ、泣いた…)

暑さにめっぽう弱いうさぎも例外なく気をつけなくちゃね。
車でお出かけどんちゃんは「超VIPな大物」扱いだどーん。

まず、キャリー(どんちゃん)を乗せる前に、
車内をエアコンでキンキンガンガンに冷やしておく。

アイドリング上等!地球環境よりどんちゃん最優先でソーリー!
人間には少し寒いくらいの温度が興奮したうさぎには丁度良い。
カビくさい冷気はノーサンキュー!
フィルター交換やエアコンガスの補充等のメンテをすると、
車内のエアコンの効きが良くなります♪

キャリーは「SANKO・ライトキャリー」を愛用中。
金網メッシュスノコの下にペットシーツが敷ける構造です。
側面に扉があり、上部の天板も全面開きます。
直射日光が当たらないように日よけのバスタオルをかける。
専用の別売茶色カバーは天面がサッと開けず不便でした。
(休憩時に広い天面からナデナデしたいので)
(動物病院での待合中には完全に覆えて便利)

昨日うさぎホテル「ましゅまろ」さんへ向かう時の様子。
20120811-1.JPG
[写真1]
キャリー側面や上部に「abシートン・ぬくひえマット」
水滴が垂れない防水カバー付で便利。
20120811-2.jpg
以下は過去エントリとカブります。

[写真2]
キャリーを水平置き&走行中の振動軽減のためのクッション
タオルを詰めてシートを平らに調整した上に低反発クッション
[写真3]
「GEX・うさぎのフードBOX」に少量の飲み水
以前はプラ皿を直置き⇒安全な「固定式」に変更。
「ミニ給水ボトル」は走行中に本体が外れやすく、
ノズル内部のボールが揺れて水漏れしました。
[写真4]
たっぷりチモシーを直置き
走行中でも食いつきが良く床材として柔らかい二番刈り
[写真5]
急ブレーキ対策でキャリーとシートを固定
カメラバッグのショルダーストラップを流用。
100均やホムセンで売ってる積載ベルトも使えそう。

※キャリー内の給水について
どんちゃんは帰省のお供で車での長距離移動に慣れているので、
走行中でも食べて飲んで、sicco・uncoしてゴロンちょする子です。
喉が渇いたらいつでも飲めるように水容器を設置してますが、
大抵のうさぎさんは走行中に水を飲む余裕はないそう。
(やっぱり、どんちゃんは肝っ玉デカい…)
その場合は、キャリー内に用品は設置せず広くしておき、
ドライブ休憩時にお水をあげると良いそうです。
「ましゅまろ」オオガイさんから教えて頂きました。
「ココロのおうち」さんブログも参考になります ⇒

暑さ対策と安全運転、よろしくどーん♪
20120811-3.JPG

ではでは。
富士山テッペン目指して行ってきマンモス!