うさぎのどんぐり(Mix♀)と
夫婦が暮らすのんびりライフ
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 新刈チモシー【ワードルー1番】 | main | うさぎ庭んぽ会☆ >>
里芋煮と鯛のあら煮

朝晩は冷え込むようになって、
煮物や鍋がうまい季節になりましたね。

先日、夫方の親戚に新米や里芋を頂きました。
(毎年ありがとうございます☆)
里芋大好き!勝手にイモ類の王様やと思ってます。
ムチムチ「ムチン」のねっとりした粘りがたまりません。

【鳥手羽元と里芋煮】

鳥の手羽先や手羽元と一緒に煮ると良い出汁が出て、
ぷるぷるゼラチン質と旨味が増幅するのでおすすめです。
手羽は軟骨までボリボリとキレイに食べ尽くしましょう!
翌朝、お肌がプルンプルンになっちゃうかも!?
…プルプル感、長持ちしないお年頃…(哀)

****

こちらはまた別の日の煮物。
まるで男の料理。豪快に大皿にどーん!

【鯛のあら煮】
鯛のカマと白ネギと牛蒡と筍も一緒に。
夫の実家への帰省時。お義父さんが連れて行ってくれたお寿司屋さんで、
あら煮に「筍」も入っていたのが気に入って、真似をしました。
ボリュームも美味しさもアップアップ☆

魚の煮付けは煮過ぎると身が固くなってしまいますね。
どんな魚でも身がほっくり仕上がる見極めが出来ればオッケー牧場♪
わたしの好みは「強火でほんの数分」という感じです。

*****

最近は世の中に「レシピ」が溢れてます。
レシピ本やCOOKPADや料理ブログがいっぱい!
プロも素人も毎日の料理を楽しんで発信するのは良いこと☆

だけどね。
受信する側が「誰かのレシピを見て」作ってる内は、
なかなか自分のモノにならない気がします。
カーナビに頼り過ぎると道を覚えられないのと似てるような。

知人の娘さん(嫁入り前の元ギャル)に料理レッスンをした時の事…。
彼女はCOOKPAD信者でレシピを見なければ何も作れなかったのです。
きっとこういう若い子は多いんだろうなあと感じました。

何度失敗しても、すげー不味いものができたとしても、
まずは自分なりの知識や舌で試行錯誤する事が、
本当の「自分や家族好みの味」をモノにする近道だと思います。
レシピの文字列や数字とにらめっこするよりも、うんと楽しいはず。

わたしが日々作る料理は、
食に厳しかった祖父から教わった食材のいろは。
料理上手な母親から教わったおふくろの味。
お義母さんから教わった夫のおふくろの味。
(地域や家庭が変わると味も変わる事が楽しい勉強)
父親やお義父さんがあちこち連れて行ってくれたプロのお店の味。
色々な味を、舌や手や目で真似をして積み重ねたものばかりです。
「食」を楽しむ環境で育った事に、
大人になってから感謝するようになりました。
わたしの料理をガツガツと気持ち良く食べてくれる夫、
何処に外食に行っても共に楽しめる夫にも日々感謝☆

*****

「うさどん」のうちごはんコーナーはわたしの息抜きでもあり、
美味しい食材を送ってくれた知人や家族へのお礼の私信でもあります。
分量とかきっちり載せるのもメンドクセーので、
レシピブログ気取るつもりは全くありませーん。

あら、うちも明日は何か煮物にしようかしらん?
程度に感じてくだされば幸いです。