うさぎのどんぐり(Mix♀)と
夫婦が暮らすのんびりライフ
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 小さな友達の絵 | main | へっぴり腰でナデられ >>
Soon after Christmas

毎年12月になったら聴きまくる音楽があります。
わたしのクリスマスソングはこれ。

スウェーデンのシンガーソングライター
スティーナ・ノルデンスタムの
【Soon after Christmas】
スティーナのピアノと歌声と、ホルンだけの音楽。

【Soon after Christmas】 stina nordenstam
 You've got me slightly disappointed
 Just a bit and just enough
 To keep me up another night
 Waiting for another day

誰かを傷つけたり、傷つけられたり。
喪失や孤独をちゃんと知ってる冬の心に染み込む、
そんな音楽が好き。
定番のクリスマスソングって大抵切ない。
ワム!も山下達郎もフラれてる。

好きなものは大好き、嫌いなものは大嫌い。
あとはどうでもいい、無関心。
そんなわたしの性格を「お前は竹を割り過ぎる」と、
父親がよく注意してくれたことを思い出す。

無駄なモノや労力や付き合いが大嫌い。
そんなに沢山のモノや人をちゃんと愛せないから、
極力シンプルに生きたい。
けれど嫌いなものや許せないものが増え過ぎると、
大好きなものまで侵食されていく感じで、
たまにそんな自分のことも大嫌いになる。
そういう心にも優しく染み込んでくれる音楽。
やっぱり音楽は大好き。

Soon after Christmasをリピートしていると、
どんちゃんがわたしの傍でコロコロンとゴロンちょ連発しました。
スティーナの音楽が心地良いのか、
聴いてるわたしの心が穏やかになるのを感じているのか、
ただ眠かったのか、分からないけど。
今夜も愛しいどんちゃん。