うさぎのどんぐり(Mix♀)と
夫婦が暮らすのんびりライフ
<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 湯呑みと飯碗にお茶 | main | 俺に注意! >>
大久野島2【うさぎ達】

節分の昨夜、友人宅に鬼として出没してきました。
イケメン息子ちゃん(3歳7ヶ月)ビビって大泣き!
「鬼からの手紙」を渡し、豆投げられて退散〜。
みなぎる鬼パワー、ぐおおー!
20130203-1.JPG
↑こんなヤツが「うさどん」書いてます。

1月4日に行った大久野島、ようやく「うさぎ達」編です。
写真が多く長文なので、お暇がある時に読んでくださいね☆

島に何度も行ってるうさ友Pさんに色々教えてもらい、
登山リュックにごはんをいっぱい詰め込んで出発!
★ホムセンで購入チモシー5kg
★どんちゃんの残りチモシー屑1kg
★ニンジン8本 ★キャベツ1玉
★お水用ボトル(島内で給水を繰り返し、約10リットル)
★ペレットは休暇村で600g購入(100g/100円)
野菜をもっと沢山、ペレットも袋買いして行けば良かったー。
20130203-2.jpg
注意書きのポスター【ウサギたちからのおねがい】
★追いかけまわしたり、抱っこしないで!
★島にウサギを捨てないで!
★ゴミやタバコのポイ捨てしないで!
常識ある人間やうさ飼いには当たり前田のクラッカー的内容ですが、
マナーを守れない人間による事故や怪我も絶えないのでしょうね。

わたし達は島内のうさぎ達の身体には一切触れませんでした。
抱っこはもちろんナデナデもしません。
「人間の匂い」が身体につくと群れに戻れないかもしれないし、
「他のうさぎの匂い」や感染症を、
島のうさぎ内に不用意に拡げてしまうかもしれないから。
帰宅後は、すぐに着替えてしっかりうがい手洗い!
これはどんちゃんへのマナーです☆

島に上陸して初めてお迎えしてくれた子達。
20130203-3.jpg

海を眺めてなに想う、ホトちゃんおめめの子。
20130203-4.JPG

島の随所にある洗面器やボウルは、うさぎのお水用容器。
お正月の早朝は、水が分厚い氷になるほど冷え込んでました。
氷を割って新しいお水をたっぷりどうぞ☆
20130203-5.JPG

おいしいお顔。
20130203-6.jpg

メシだメシだー♪
20130203-7.JPG

どんちゃんとよく似た模様のチビちゃん達に胸キュン。
20130203-8.jpg

外周コースや休暇村周辺にいる子は比較的「人慣れ」していました。
20130203-9.jpg

20130203-10.jpg

かわいこちゃんにおねだりされる夫。
(わたしもこんな嫁であるべきか!?)
20130203-11.jpg

島には山道もあるので、歩きやすい服装がおすすめです。
お義母さんも夫もわたしも、登山ブーツで楽チンでした。
うさぎにごはんをあげて、戦争遺跡を見て、ハイキング♪
20130203-12.jpg

展望台付近や山に居る子は、やはり警戒心が強いようです。
遠くから様子を伺って、おそるおそる近づいて、
ニンジン咥えながらすぐ山に逃げる子達。それで良し☆
20130203-13.jpg

だいじょうぶ。ごはんいっぱいあるよ。ゆっくりおいで。
20130203-14.jpg

傷を負っている子も沢山います。骨折、目鼻や耳や身体の炎症や傷。
仲間の群れには入れない、一匹兎のような子達も。
左目が無い子は上空の鳥の鳴き声に強く警戒していたから、
カラスやトンビに攻撃されたのかもしれません。
20130203-15.jpg

取りあいのケンカをしないように、離れてごはん♪
20130203-16.JPG

大久野島は「毒ガス・戦争遺跡」「うさぎ」、そして「夕日」の島!
20130203-17.JPG
大久野島はうさぎ達が自由にのびのび暮らす「楽園」と言いますが。
実際行ってみて「楽園」とは思えない気持ちもフツフツ…。
すべての野生生物に言えることですが、
自然の激しい天候変動、天敵、ケンカ、食糧確保。
自由さ故の厳しい現実の不自由さもありますね。

わたし達観光客がごはんやお水をあげても取るに足らない、
その日その瞬間だけの「一時の偽善」のようにも感じました。

そうだとしても、やっぱりうさぎは愛おしいと想えます。
島のうさぎ達みんな可愛くたくましい姿を見せてくれました。
戦争や平和のこと、野生うさぎの暮らしのこと。
色んな想いが交錯した大久野島、行って良かったです。

長いエントリにお付き合いありがどーん♪

どんちゃん、グリコさん、こんにちは。
大久野島のうさぎさん達の可愛くたくましい姿を見せていただきました。ほんとにたくさんいるんですね。自然に暮らす中でみんなが幸せであればいいなぁって思いました。
いつか私も行ってうさぎさん達に会ってみたいと思いました(はるか遠い北海道ですが)。
pinopyon | 2013/02/04 19:11
大久野島にはルールがあるんですね。
たばこもごみもうさぎさん達が食べてしまったら大変なことになりますもんね!!

確かに自然に暮らしているうさぎさん達には触れずに眺めているのがいいのですね。
でも・・・目の前にたくさんのうさぎさんがいたら興奮して触りたくなっちゃいそう・・・。

なべちゃん | 2013/02/04 20:10
グリコさんこんばんは
大久野島のうさぎたちたくましく生きててほしいですね
また会いに行こうと思います
みんながんばれ
みったんママ | 2013/02/04 20:16
前回のメルフォに引き続きまたまたこちらにもv
島のうさぎさんたちと一口に言ってもそのエリアによって
性格や群れの習性が細分化されてるのね。勉強になった^^
全員うたっちのショット、かわいすぎ!(あ、ぐりちゃん近影の方がもちろん上よw)
まるでうさぎの幼稚園みたい。
ぐりちゃんみたいに「楽園」の真意を考える人がいるというだけでも
ニンゲンやうさぎにとって意義や価値のある島なんだろうね。
わたしもまた行きたいなあー。
らす | 2013/02/05 07:23
ミーアキャットのような写真とか一斉にお水を飲んでる姿が
すごく可愛いです。私も今一番行きたい場所なんです。

楽園と呼ぶには確かに疑問が残りますね。
先日のエントリーで戦争の遺跡を見て、毒ガス製造やら
色々考えさせられました。

でも・・・みんな元気に暮らしてほしい!
見守っていきたいですね。
まゆら | 2013/02/05 11:52
夢の島、憧れの島だわぁ。
でも、そこは自然。
夢だけじゃないんですねぇ。
可愛いうさぎたちも自然の中で必死で
生きてるんでしょうね。
観光気分で行っていいのか…
でも、やっぱり行きたいなぁ(*´ο`*)
たくましく生きるうさぎさんたちに
囲まれてエネルギーを感じてみたいわ。
みなぼ〜 | 2013/02/05 21:19
ああ〜、なんて素晴らしい光景(*^。^*)
まさにうさぎ好きにとってはパラダイス♪
でも、現実はそれだけではないんですね。
一度、実際に自分の目で確かめるとまた実感できる事も多いんでしょうね。
色んな事を学べた旅になった様ですね。

それにしても、やっぱり可愛い!!
もふもふミッフィー | 2013/02/05 22:32
皆様コメントありがどーん♪


★pinopyonさん

先日の地震、大丈夫でしたか?
速報を見てピノちゃんの事が浮かびました。
コメント頂けたということは
今は大丈夫なのかな☆
はるばる北海道から大久野島は、
ビューンと飛行機で行くほど遠いですね(^^)
けれど、きっと。
実際の島の姿を見る価値は大いにありますよー♪


★なべちゃん

島のゴミも拾いながら散策しました。
明らかに人が捨てたものがやっぱりあります(T_T)
可愛いうさぎ達に触りたくなりますよー☆
でもそこはグッとこらえてw
ごはんとお水をあげて、話しかけて。
つかずはなれずな距離を保つ方がいいかなと思います(^^)

donguricco | 2013/02/06 01:10
★みったんママさん

島訪問が2回目以上になると、
「以前出会った子」の成長も
楽しみになりそうですね☆
わたしもまたいつか行ってみたいと思います(^^)


★らすっちょ

実際に島に行って、
戦争メールのやりとり後、
色々考えたり、考え直したり。本を読んだり。
けっこうヘヴィーだったわあ(^^)
らすっちょもまた新たな視点で、
島を見に行けるといいね☆
「うさぎの幼稚園」ってぴったり!
うたっち可愛いよね。
でも鬼嫁の方が可愛いって?w
そこツッコミありがとう(^^)


★まゆらさん

確かに!ミーアキャットや〜w
あんな従順な姿をされた夫、
デレデレでしたよ♪
戦争遺跡は写真で見るよりも、
やはり実物の方が迫力があると言うか、
昔の緊迫した空気に入った気分になって圧巻ですよ。
もちろんうさぎ達の姿も☆
まゆらさんも、
いつか島に上陸できるといいですね(^^)

donguricco | 2013/02/06 01:11
★みなぼ〜さん

そうそう、わたしもずっと夢の島、とか
楽園というイメージを持っていました。
でも実際に行ってみると、
まず戦争遺跡を見てズドーンとくるし、
野生の暮らしはやはり綺麗ごとではないと感じます。
「観光気分で」はみんなそうだと思うよー☆
実際にフェリーや島内の施設運営、
島全部が観光で成り立っているだろうし、
一時でもうさぎ達がお腹いっぱいになれるから☆
ぜひ上陸してみてね〜(^^)


★もふもふミッフィーさん

そう、そうなんです☆
戦争遺跡や傷だらけのうさぎ達を見て、
少なからず心に重たいものが乗っかるけれど、
いっぱい学ぶことができたし、
やっぱりうさぎ達は可愛いんですよね(^^)
傷ついて汚れた毛並でも、
わたしにはとっても美しく見えました☆

donguricco | 2013/02/06 01:12
おーーー、待望のレポです!!
嗚呼懐かしや、島の子たちは元気だったかしら??
大久野島の歴史については、胸が痛むことばかりですが、
今現在、島で暮らしてる子たちはやっぱりかわいい、愛おしい!
私、最初上陸してかわい子ちゃんたちが出迎えてくれた時に、
思わず大粒の涙が出てきちゃったんだよ!なぜだかわかんないけど…
やっぱ私はウサギが好きだ!と思えた瞬間でもありました。

そうそう、我が子に似た子に出会うと「キュン」としちゃうんだよね〜(^^;
あの黒っ子は、やっぱり「ちびJIJI」なのかしら?と、ドキドキしてしまいました。
初めて行くとね、怪我をしてる子が多いことに驚きがちだけどそれが自然。
野生で生きることってそういうこと、って、こちらも強くなるよね。
休暇村近くの子は人懐っこいけど、山の子たちはなかなか近づいてこないよね。
警戒心が強いから、人があまりいない所に行くんだろうけど…
でもそういう子に、たーんとごはんあげてきたよ、"ひーち"はね(笑)
あー、こんなこと書いてると、長ーいコメントになっちゃうからもうやめるww
peach | 2013/02/06 13:37
★ひーちさんw

1ヶ月前もの訪問、
今頃レポですんませーん☆
ひーちさんはお出迎えうさぎさん達に、
泣いてしまいましたかー☆うんうん(^^)
わたしはフェリーから桟橋に降りて、
海を振り返った時にジーンとしました!
大久野島に来たかった数年越しの願いが
やっと叶ったと思って☆

展望台は山奥は施設前より観光客が少ないから、
たくさんごはんを持って登りました。
あと、ケンカして疎外されてる子達にも、
やっぱりたーんとあげたくなりますね(^^)
返信も長くなりそうだからw
またチビJIJIちゃんの事等メールしますね♪
donguricco | 2013/02/06 18:12
出遅れコメントで失礼します。

大久野島、もぐをお迎えした頃は
すごく行きたかったんです。
うさぎがたくさんいる!という
ほんわか、夢心地な気持ちで。。
でも、色々なことを知るうちに、
勇気がないとまだまだ行けそうに
ない。。とへっぴり腰だったのですが、
ぐりこさんのお写真を拝見して、
やはり行きたいと思いました。
草食動物LOVEになってからは、
野生の弱肉強食の場面をどうしても
見れなくて、動物番組などもダメに
なってしまいました。
トシですかね〜(笑)涙もろくなると
いうか。
でも、野生で一生懸命毎日を生きてる
命たちを、この目でしっかり見たいと
強く思わせてくれた、ぐりこさんの
エントリに感謝!
ありがどーん!→私が使うな?(笑)
coharu | 2013/02/07 23:09
★coharuさん

こちらこそかなーり出遅れお返事、
ごめんなさい!
「まだまだ行けそうにない」お気持ちも、
よく分かります。
今わたしの周囲には、うさぎが大好きだけど、
大好きだからあえて行かないと仰る方も
数人いらっしゃいます☆
けれど実際行かないと分からない事もあるし、
行って良かったとわたしは思ってます。
こないだナショジオで狩りに失敗ばかりしてる
ライオンを見ました。あれもなんだか切ない…。
色んな動物が居るし、個性もみんなそれぞれですね。
coharuさんが「この目でしっかり見たい」と
感じてくださって、本当にうれしい♪
ありがどーん(どんどん使ってどーんw)

donguricco | 2013/02/16 23:11
あ~~昔の記事にコメントです(*^^*)

私もウサギ島に行ってみたいと思っていましたが…

無理そうです。

レッドロブスターの入り口の水槽に ハサミを縛られ、食べられるのを待ってるだけ!の彼らを見るだけで、涙出そうなんです。

自然界は厳しいものですね。

人間で良かった(^-^; それも、治安のよい日本国民で。

でも、ウサコたちの好物を山ほど抱えて 行ってみたいな。。。
夏ユキちゃん | 2013/10/28 00:19
★夏ユキちゃん

過去エントリにコメント
ありがどーん♪
さかのぼって読んでくださること、
嬉しいです(^^)

「レッドロブスター」って店舗なのね。
こちらでは見かけたことないなあ。
そもそも「いけす」って、
食べられ待ちの場所だものね…(+_+)
でもわたしはヴィーガンとかにはなれないから
お肉でもお魚でも、せめて
有難く美味しく命を頂戴してる事に感謝☆

きっと、夏ユキちゃんも、
大久野島に行ったら色々複雑な想いになると思うけど、
だからこそ実際に行く価値はあるかも☆
これから寒い季節になると、
観光客も減るだろうし、
うさちゃん達に一時だけでも
いーっぱい食べさせてあげたいなー(^^)
donguricco | 2013/10/30 00:01
COMMENT