うさぎのどんぐり(Mix♀)と
夫婦が暮らすのんびりライフ
<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 名刺裏は夫の落書き | main | 「ましゅまろ」お泊り3回目(冬帰省) >>
父のバイク

先日の3連休、わたしの実家に帰省してきました。
家族みんなで改めて新年のお祝い。

帰省先の日本海側は「大雪」予報だったので、
どんちゃんはうさぎホテル「ましゅまろ」さんにお泊り☆
雪の高速は事故や通行止めの確率が高くなるから、
念のためどんちゃん連行は控えました。
20130213-1.JPG
やっぱり居ないとさみしい。
雪に描いたどんちゃんに話しかけたり。
20130213-2.jpg
父が病に倒れてもうすぐ3年。
デカくて重たい父のバイクは誰も動かせず、
ずっとガレージでエンジンもかかりませんでしたが。

夫がバッテリー・オイル・ガソリンを交換してくれて、復活!
20130213-3.jpg
♪ドコドコデゲデゲドゥルドゥルドゥルドゥル♪
(カタカナで書くとアホみたいな音)
久々に轟くエンジン音とバイクの姿を動画に撮って見せると、
父は涙目で微笑みながら動画をじっと眺め、
夫に「ありがとう」と声をふりしぼって言いました。
FLHRロードキング 2003年式
20130213-4.JPG
いつかまた父はバイクに乗れる!と信じています。
さすがに走行は無理だとしても、
介助無しで自力で車椅子からバイクに座りハンドル握るだけでもいい。

こんな事ができるくらい回復したら、
愛読してたハーレー雑誌に取材頼むぞ!と発破をかけて、
「ハンドル握り」や「ギアチェンジ」の動きを
手足のリハビリに取り入れて母と毎日頑張ってます。
20130213-5.JPG
昔、親子ツーリングであちこち出かけました。
父との走行は絶対的安心感に守られて心地良かった。

病気で脳幹をやられた父だけど、
二人でしたガレージ作業やツーリングの事はちゃんと覚えていて、
今でも病床の笑い話になってます。
楽しい記憶や「笑い」が何よりの回復剤かもしれません☆