うさぎのどんぐり(Mix♀)と
夫婦が暮らすのんびりライフ
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 跳び続けるスライドショー | main | 初めてのにわんぽ 1 >>
うっ滞で病院【6歳3ヶ月】
3月のどんちゃん不調の記録を忘れてました。
こういうのが後々一番大事!ってことで
ココロの健康手帳に書いてるわたしの汚字を拾い上げ
写真と共にデジタル化記録しておきます。

【経過まとめ】

■3/9 夜
扉を開けてもへやんぽに出てこない(初めてのこと)

サークルの隅でお尻を上げて落ち着かず苦しい様子
siccoの色の一部が濃く、血尿を疑う

そっと抱っこして部屋に出すとぽてぽて歩き
夫とわたしに寄り添い甘えてくる(愛おしい)
柔らかい牧草のみゆっくり食べる
ももバーは喜んでかじり、水は飲む
unco量が普段の7割程度、毛が混じり小さく形がイビツ
(unco記録はまたいつか別記事で)

■3/10
ココロのおうち@めぐみさんにウリエース検査紙をいただく
結果、尿に潜血はナシ・陰性

夕方、動物病院へ

血液検査、歯は問題ナシ、体重1760g(変化ナシ)
おなかの音がやや小さい
レントゲンでお腹にガスが見え、軽いうっ滞
点滴をしてもらい、プリンペラン処方

帰宅後、前夜よりは動きまわる
グルーミングを1日朝夜2回に増やす(大換毛中)
uncoの毛の混じりが減り、量大きさ質が良くなる

■3/11
夜、元気にへやんぽ。復活の大ジャンプ!

■3/12
運動量、食欲、unco元通りに。


【写真の記録】

どんちゃんがへやんぽに出てこないなんて、初めてでした。
お尻を上げてるのはきっとお腹が苦しい体勢。
トイレに行くのもしんどかったのか、
サークルの隅(黄色印)でsicco。これも初めてのこと。
体勢も表情も明らかに苦しそう。
無理して隠さず、ちゃんとしんどいって教えてくれたどんちゃん。
20150425-1.jpg
siccoをペーパーで拭き取りチェック。
これ血尿?とビビる。
20150425-2.jpg
ココロのめぐみさんからウリエース試験紙をいただきました。
「結果を先生に報告すれば話も早いですから」とめぐみさん。
なるほど!心強いサポートありがたいです。
結果、陰性でわたしのココロも少し落ち着きました。
(陽性の場合は、青緑色に変化するそう)
20150425-4.jpg
 ウリエースの潜血検査は約20秒で結果が出て
 その後変色してしまうのですぐに写真記録しておくと良し。

siccoの色が濃くなるのは、
一時的なストレスの影響や、食物の影響も大きいようです。
この時、どんちゃんはお腹痛の大きなストレスがあったし、
大換毛期真っ最中でグルーミング後のご褒美で
有機ニンジンを普段より食べていたからかも?と想像。
お野菜をいっぱい食べる子のsicco色は濃いみたい☆

*****

いつもより明らかに元気がなく、
いつも以上に夫とわたしのそばに寄り添い甘えてきた。
なんて可愛いんでしょう。
「イタイのイタイの飛んでけ〜♡」と何度もささやき
(え?こんなアラフォーのわたしがイタイって?)
どんちゃんにいっぱいナデナデとTタッチを繰り返しました。

ヘイフェスドヤSHOWの景品でいただいた( →
柔らかく美味しい牧草がとても助かりました。
食べてくれた牧草
・ハイペットシルキーソフト3番刈り
・APD2番刈り
・うさチモ2番ふんわりソフト
ペレットや有機ニンジンは食べず。
ももバーは喜んでかじり、咥えてすこし遊んでくれた。
20150425-3.jpg

*****

翌日、動物病院へ。
ついた途端にガツガツとやけ食いを始めるどんちゃん。
「ちゃんと食べてますけど!」みたいな。
緊張と興奮からくるやけ食いか、元気アピールか。
20150425-5.jpg

歯もキレイだってばー!! あうっあうっ、ぐむむ…
20150425-6.jpg
ぐり子め…写真撮ってる場合か…
20150425-7.jpg

血液検査はすべて平均値で問題ナシ。
耳鏡とレントゲン検査で歯も問題ナシ。

しかしやっぱりお腹にガスが黒く写ってました。
過去の画像と比較すれば分かりやすい。
昨年の不調ほどではないけど、バッチリ快調でもない。
20150425-8.jpg
ふむふむ。
20150425-9.jpg

胃腸を動かすプリンペランは朝夜5日間分。
シリンジで上手に飲めるよ。
大換毛中だったのでグルーミングもしっかり、
朝のハンドグルーミングも追加して朝夜1日2回に。
20150425-10.jpg20150425-11.jpg

*****

病院翌日の夜には、元気に大ジャンプ☆
点滴(皮下輸液)が即効性あったのかな。
20150425-12.jpg
まだ病み上がりだからのんびりへやんぽしようね、
と低くカメラをかまえていたら…
まさかのフレームアウトするほどの高さ!
「もう心配いらんどーん♪」と言ってくれてるようで
ほんとうに嬉しかった。どんちゃんよくがんばりました。

やっぱり、うっ滞を防ぐには
食事・運動・グルーミングが大事


今年のどんちゃん換毛は長引き、
抜ける毛量も多く毛質も太くなったような感触があります。
換毛期は特にしっかりグルーミングケアをしなくては!

【診療明細覚書】
・再診料 540
・X線検査(読影)1,080
・X線検査(大四つ切)1,620
・血液検査 4,320
・内服薬(液剤)774
・処方料 216
・皮下輸液(技術料)540
・皮下輸液(100ccまで)1,080
合計 10,170円
支払額 3,050円(アニコム保険適用で3割負担)


※ご注意
アニコム損保は2014年11月以降
「うさぎ・鳥・フェレット」の新規引受を停止しています






JUGEMテーマ:ウサギ