うさぎのどんぐり(Mix♀)と
夫婦が暮らすのんびりライフ
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
初秋キャンプ1【めし・遊び】

9月21~23日
兵庫県朝来市「緑ヶ丘キャンプ場」に
2泊3日キャンプに行ってきました。

早速、恒例のキャンプめしの紹介。
夫婦二人だけのキャンプでは
大げさなBBQやカレーは絶対作らないけど。
今回は特別メニューを準備。
2日目から友達家族をお迎えしたのです♪

【1日目】
最近自宅でも流行中のチョレギサラダ。
レタスめっちゃ食える!
20130922-1.JPG

カレーはバーモントの甘口
(翌日来るAちゃんご指定)
20130922-2.JPG

炭火焼きスペアリブ。
骨まできれいに美味しく頂きました。
20130922-3.jpg

1日目は夫とわたしとどんちゃんでまったり♪
20130922-4.JPG

【2日目】
友達夫婦とAちゃん(4歳男児)が到着!

早速、焼きそばを作ってもらいました。
定番のまるちゃん焼きそばソース味×2袋!
20130922-5.jpg
大勢いると食卓もにぎやかで楽しい!
20130922-6.JPG

夜は炭火を囲んでBBQ開始。
エビエビエビエビちゃん!
20130922-7.JPG

2日間漬け込んだ鶏ささみのタンドリー。
20130922-8.JPG
その他スペアリブ、薄ステーキ、ウインナー、
ニンニク、椎茸とか焼き焼き。
エビの塩焼きが一番うまかった!!

【3日目】
朝食は夫特製の中華風お粥。
20130922-9.jpg

【たまには運動もしよう】
元バドミントン部の友達が
はりきってラケットを持ってきた♪
20130922-10.jpg
友達夫婦は「シュパーン」と快音を響かせ、
何十回もラリーが続く一方…
うちらは無様な姿を披露。
20130922-11.jpg
その後、全身筋肉痛に見舞われる。

AちゃんはキャンプもBBQもテント泊も初体験。
なにをしても、なにを見ても
「初めて」の嬉しさや楽しさに溢れていて、
わたし達も笑顔をもらったよ♪
20130922-12.jpg
おもちゃもゲームもテレビも要らない。
自然の中にいっぱい遊び道具はあるもんね☆

Aちゃんが集めてきたもの。
こりゃアートではないか!
20130922-13.JPG
夫とわたしの携帯d社もまさかの圏外。
で、ずっと電源切ってました。
2泊3日スマホを気にしない生活も良いものでした♪


次回はどんちゃん「テンぽ」を紹介。
コメント欄はいったん閉じさせて頂きます。

秋キャンプ2【テンぽ三昧】

どんちゃんはハーネスが大大嫌いなので、
自然いっぱいのキャンプ場でも「うさんぽ」はしません。
蒜山高原のサイト横には広大な牧草地もあったけれど、
農薬とか他の動物の糞尿も心配でよく分からない土地だし、
あまりにも広大過ぎて上空からの敵機来襲(鳥)も怖いから。

運動は安全なテントの中で、「テンぽ」三昧だどーん!
テントは「小川キャンパル・Z-f」コンパクトなドーム型。
タープも「小川キャンパル・フィールドタープヘキサST」に。
フレームや生地の丈夫さはピカイチです♪
20121002-1.jpg
キャンプ用ケージはコンパクトな「サンコー・イージーホーム60」。
どんちゃんがゴロンと寝ころび背伸びやあくびも出来るように、
トイレだけ置いて、フィーダーは付けずに牧草は座布団の上に直置き。

テントの入口と後面は、虫も入れない細かいメッシュ仕様。
20121002-2.JPG
「テンぽ」には慣れてるどーん♪
20121002-3.jpg

突然ゴロンちょ♪やっぱり柔道の受け身みたい。
20121002-4.jpg
あい〜ん♪
20121002-5.JPG
風が通る気持ち良い場所をちゃんと知ってるね。
20121002-6.JPG

お外から緑の良い香り。鳥や秋の虫の鳴き声も聴こえる。
どんちゃん一体、なに想ふ。
20121002-7.JPG

テンぽ遊びしている間、夫はお昼寝。


テントサイトの上には「コナラ」の木々がありました。
風が吹く度にポテっと音をたてて、
どんぐりが居るテントやタープにドングリの実が落ちてきた♪
20121001-2.JPG

「どんちゃんも一緒に行ける」唯一の旅行はキャンプ。
自宅周辺は排気ガスが酷い環境なので空気清浄機は手放せない。
「美味しい空気や緑」がなによりのキャンプのご馳走です。

アウトドアな野生児夫と出会ったおかげで、
超インドアなわたしもハマり、今まで30回以上キャンプしてきました。
お迎えして以来、どんちゃんも10回近く経験済みのキャンパーうさぎ♪
(お出かけや車移動に不慣れな子にはおすすめ出来ませんが)
20121002-8.jpg
夜はケージのどんちゃんと夫とわたしで、川の字になって眠りました。
牧草をポリポリ食べる音を、すぐとなりで聴く心地良い幸せ☆

どんちゃんもこれからどんどん歳を重ねるし、
いつまで一緒にキャンプに行けるかなって毎回想います。

秋キャンプ1【蒜山高原・めし】

岡山県「休暇村・蒜山高原キャンプ場」へ行ってきました。

毎年人気で週末はなかなか予約が取れなかったのだけど、
今回は台風接近中だからキャンセルが出たのかな?
80区間以上あるオートキャンプサイトにわずか数組。
とっても静かで快適に過ごせました♪
20121001-1.jpg
トイレや炊事場も広くてキレイに管理されているので、
ファミリーキャンパーさんにもおすすめのキャンプ場です。
休暇村宿泊施設には温泉もあります。
20121001-3.JPG

世界中の(極数名の)方々が楽しみにしてくださっているキャンプめし♪
例の如く、キャンプだからって面倒なものは作りません。
手間も洗い物も、最小限に。

【蒜山やきそば】
ご当地B級グルメは食べとかなきゃ!
キャンプ予約時に「やきそば用食材とタレ」の注文ができます。
20121001-4.JPG
蒜山やきそばの鶏肉は親鳥のカシワなのね。
旨味も歯ごたえもあって美味!タレは味噌ベースの甘辛でした。

【長ナスのホイル焼き】
焚火で皮が焦げるまで焼いて、中はトロトロ〜♪
20121001-5.jpg

【ロメインレタスとサラミのサラダ】
パルミジャーノ・レッジャーノチーズは削りたて。
わたし達夫婦が大好きなドリトスもふりかけました♪
20121001-6.JPG
サラダは、上質なオリーブオイル(頂き物)をかけて、
ドイツのニンニク塩(頂き物)を振って、
レモンをぎゅっと絞って混ぜて、シンプルに頂きます。
(村上春樹氏「1Q84」の青豆さん風サラダと呼ぶことに)
添加物入りの市販ドレッシングより断然うまいし、
夫婦ふたり暮らしにはその都度作る方が無駄がありません。

【ペンネ・アラビアータ】
トマトソースにはアンチョビ(頂き物)も入れて、コク増大!
20121001-7.JPG
うさどん家の食卓は、
美味しい頂き物によって支えられています♪

コーヒーを淹れて、ご当地スイーツも別腹で(しかも夜に)
【蒜山ジャージー牛乳チーズケーキとシュークリーム】
20121001-8.jpg

タープに小雨が落ちる音を聴きながらまったりタイム。

雨に濡れた緑のいい香り。焚火のパチパチ音。
どんちゃんをナデナデ。夫とおしゃべりしたり、読書したり。
こんなキャンプの夜時間が大好き。
20121001-9.JPG

次回は、テントで遊ぶどんちゃんの写真いっぱいでお送りします♪

また渓谷で川遊び

お気に入りの渓谷へ、遊びに行きました☆
今年の夏、川遊びできる休日はこれが最後になりそう。

携帯の電波が一切届かない山奥の僻地で、
「浅い・深い・超深い」水深も勢ぞろいの渓谷。
気分が最高にリフレッシュできる「聖地」なのであ〜る、
と、腰に手あて夫が高らかに宣言!(してません)
20120826-1.JPG
カトラリーを忘れたので、
夫のアイディアで落ち枝を石で削って箸を作りました。
夏休みの工作みたいで楽しかった♪
20120826-2.jpg
でもね、出前一丁はカップ麺より「袋」の方がうまいと悟り、
王道のカップヌードルにしとけば良かったとちょっぴり後悔。
どん兵衛のきつねうどんもハズレ無しやね(断言)

恒例のアウトドア兼防災グッズ紹介コーナー♪

コーヒーも紅茶も大好きなわたし達。
あったか〜い飲み物で川遊びの休憩にホッと一息。

「ポーレックス」のセラミックコーヒーミルは(写真右端)
小型ながら粗挽き⇔細挽きの調整可能な優れもの。
「belmont」のシェラカップは自宅でもカップ・計量カップとして愛用。
「SOUTH FIELD」のパーコレーターでもコーヒーは抽出できるけど、
今回はこれをケトルにしてお湯を沸かし、
「UNIFLAME」のコーヒーバネットでドリップしました♪
20120826-3.JPG
「ZIPPO」のストーブ(写真左端)は手のひらサイズのハイパワー!
ミニマム収納がわたしのツボ♪
20120826-4.jpg
この「ZIPPO」のストーブとランタンは…
数年前に父と「ツーリング行ってコーヒー飲もう」と約束をして、
ふたりで選び、共同出資して買ったモノなのです。
一緒に使う事なく、病に倒れバイクに乗れなくなった父だけど、
ZIPPOを使う度にあの約束が叶いますようにと願ってしまいます。


夫の見事な飛び込み!かと思いきや…
ミステリー好きな方にはお馴染み、
「八つ墓村」の水死体でオチ!!
20120826-5.jpg
夕暮れ前には赤トンボ。
20120826-6.JPG
真夏には毎日「暑い!クソ暑い!」とブーブー言ってたのに、
いざ夏の終わりが近づくと、
すこしさみしくおセンチな気持ちになりますね。

富士山☆挑戦

体力も運動神経も無し子のわたしですが、
夫サポートのおかげで無事に富士山登頂してきましたー♪

関西からのお得なバスツアーを利用しました。
現地ではプロのガイドさんも付いてくれて心強く、
高山病予防を重視してゆっくり登る初心者向けの時間配分。
【吉田ルート】
五合目(2305m)から吉田口頂上(3760m)の往復。
「本当の頂上・剣ヶ峰(3776m)」を目指すお鉢巡りは無しコース。
【1日目】
20:30 兵庫発 バス車中泊
【2日目】
07:30 富士山五合目到着・食事・高度順応のため休憩
11:00 五合目出発
16:00 八合目到着・山小屋「太子館」で食事・仮眠
22:30 山小屋出発
【3日目】
03:30 頂上到着!
04:50 御来光☆
05:15 下山開始
10:30 五合目到着!
11:00 五合目バス出発・近くの温泉へ寄り、帰路へ
23:30 兵庫着

お盆期間で登山道が混雑していたこともあり、
ガイドさんの指示で30分歩く毎に数分の休憩も含みますが、
登山に約10時間、下山に約5時間かかりました!
「いつかは辿り着く…」と信じ歩き続けた15時間でした。

*****

五合目へ向かうバスの中から見えた富士山。
デカい…高い…登れる気がしねぇ。不安と緊張が込み上げる。
20120814-1.JPG

お土産屋さんや休憩所が並ぶ富士山五合目。
観光客・下山してきた人々・今から登る人々でいっぱい!
20120814-2.JPG

500mlペットボトルの水やポカリが500円。
お湯を入れてくれるカップヌードルが600円。
なんでも高額な富士山価格!
貴重な物資を運んでくれるブルドーザーの運搬料込みなんだって☆
20120814-3.JPG

硬い段差が苦手なわたし。ゴツゴツした岩場に大苦戦。
全身が緊張して不要な力を消耗。
20120814-4.JPG

八合目の山小屋「太子館」での食事はカレーライスと鯖味噌煮。
寝床は寝袋分のスペース(半畳)でザコ寝。
眠れなかったのでiPodで音楽を聴きながら目を閉じて休憩。
20120814-5.jpg

いよいよ御来光目指して夜登山!

奥の灯りは山梨県甲府市の夜景、
手前の灯りは登山者のヘッドライトの連なり。
20120814-6.JPG
夜空には無数の星!
ペルセウス座流星群と重なり、流れ星を4回拝みました☆

ここからは写真を撮る余裕も無く、ひたすら登る。
途中、高山病にかかって吐いてダウンしている人、多数。
「胸突き八丁」と呼ばれる頂上近くの岩場や段差に悲鳴。

夫がわたしの手をとり、腕をくみ、力を貸してくれました。
ラブラブ夫婦〜♪じゃなくて、わたしは完全な「要介護者」でしたの。

頂上到着!

寒さと感動と、ガイドさんと夫への感謝が込み上げて、
鼻水垂らして泣きました…☆

山頂の休憩所で食べた豚汁が五臓六腑に染みわたる。
ちなみに一杯800円也〜♪
20120814-7.JPG

お盆時期の山頂は大混雑。みんなみんな頑張った同志!
極寒の中、御来光を待つ。
20120814-8.jpg

少しずつ空が明るくなって
20120814-9.jpg

雲のすき間から御来光!歓声が上がりました。
写真だけでは伝えられないこの感動。
20120814-10.jpg

雲海を眺めながら下山。太陽光の力強さ、ありがたい。
20120814-11.jpg

下山道はひたすら長〜いジグザク道。
砂や火山灰や大小の岩もゴロゴロあって、かなりキツい。
登りよりも足腰に負担が大きい下り。
寝不足も祟って、幽体離脱しちゃいそうな一歩手前。
20120814-12.JPG

よくがんばったね、と雲の鳥も祝福してくれているようで☆
なんつって、メルヘンな事を言ってみたり。
20120814-13.JPG
登れる自信は全くありませんでした(キッパリ)
具合が悪くなったら即リタイアすっぞー!
と、ネガティブな事ばかり考えていたので、
帰宅後の今も、まるで夢の中の出来事だったような気持ちです。

エールを送ってくださったうさ友さん達、家族、親友達。
ありがとうございました!


どんちゃんは元気だどーん!
うさぎホテルでの様子やお迎えはまた次エントリで♪

渓谷で川遊び

真夏のサンデー。
気持ちいい渓谷を見つけて、川遊びしてきました♪

夏はやっぱり「海よりも山」がいいです。
木陰がなく砂がジリジリと熱い海はキツイ歳になりました。
潮水はベトつくし、水面からの照り返しで焼けるし。
ビキニなんか着れないし…(誰も見たくないし)
ナンパなんかされたら困るし…(ニーズもないし)

山に入ると、気温がグンと下がって涼しい。
水も空気もキレイな渓谷。小さな川魚も泳いでたよ。


木々が陽射しを和らげてくれます


夫、ザブーン!


飛び込みビヨーン!


わたしの飛び込みは無様過ぎてお見せできませんが、
泳ぎは得意なのよー。自前の浮き輪(肉)があるかんね!

水中で浮力を利用して、夫に「お姫様抱っこ」してもらったり♪
当然、地上では無理な戯れ。

夕暮れ前、ミンミンゼミとヒグラシが鳴き始めました。

泳ぐことってけっこう体力使うのね。
遊びながら富士山トレーニング!?
全身がいい感じに疲れました。

夏真っ盛り。暑中お見舞い申し上げます。
皆様、うさぎ様。健やかに夏を過ごせますように☆

富士山情報を寄せてくださった方々、ありがどーん!
行けるところまでがんばってみますね♪

高御位山 登山

8月のお盆休みに、
夫婦で富士山登山にチャレンジすることになりましてん!
どんちゃんはうさぎホテルにお泊り予定。

富士山に向けてのトレーニングも兼ねて、
連休は近場の山に行ってきました。

【高御位山(たかみくらやま) 標高304.2m】
別名「播磨富士」。
でも標高は富士山の1/10以下やーん♪
(と、なめてかかって後で痛い目に合う…)

麓の兵庫県高砂市には、
うさぎ専門店「ココロのおうち」さんがあります ⇒
ココロさん、大好き!
ファーマーズ・キッチン「イヌイット」もあります ⇒
丁寧に作られたランチが激ウマでした。
玄米がふっくら上手に炊かれていて感動。

【15日(日) 高御位山1日目】
20120717-1.JPG
登山経験もなく、体力もなく、高所恐怖症のわたし。
脚立やハシゴも3段目以上は無理。
昔、階段から落ちて骨折したことがあって以来、
硬い地盤の段差は特に大の苦手。

高御位山はそんな険しい岩場のオンパレード!
ふざけんなー!どこか「ハイキング」じゃボケー!
完全グロッキーなわたし。
20120717-2.JPG
ゴツゴツと急勾配な岩場を前にわたしはリタイア。
空を見上げながら夫を待つことに。

約1時間後。汗ダクダクの夫が帰還。
無理しなくて良かった、と心底思ったわけです。
夫が撮った山頂からの景色。
20120717-3.jpg
リタイアのまま終わるのは不完全燃焼。
翌日は別ルートから再チャレンジしましたー♪

【16日(海の日に山へ) 高御位山2日目】
2日目は麓の「鹿島神社」側の登山口から挑戦。
大鳥居はチタン製!
20120717-4.JPG

高御居山には【百間岩】と言う難所があります。
斜度30度以上の長い岩場…。
20120717-5.jpg
ガードレールがあるわけもなく、
足を滑らせたら奈落の底にサヨウナラー。
高所恐怖症のわたしにとっては、
体力的辛さよりも「精神的恐怖心」との戦いでした。

半泣き状態で思わず口にした言葉は…
「どんちゃ〜ん、待っててねえ〜!」
家で待ってるどんちゃんのためにも、
無事に帰らなくちゃ!と自分を鼓舞。
夫サポートのおかげで、めでたく百間岩クリア♪
20120717-6.JPG
山頂からは明石大橋や改修中の姫路城も見えました。
ギラギラと太陽は照りつけていたけれど、
風が気持ち良かった〜♪

下りでも岩場の中心でどんちゃん愛を叫んだけど。
苔のついた石で滑ってズデーンと転倒もしたけど。
無事に帰ってきました。

【17日(火) 本日】
案の定、全身筋肉痛。青アザ多数。
湿布貼りまくり。

*****

前エントリで紹介した、
「ココロのおうち」さんの【ラパンピード】 ⇒
これ、登山ザックやブーツのケアにも使える!
シュシュっと除菌・消臭。
20120717-7.JPG
ファブリーズみたいに人工的な香りもしないから、
どんちゃんにも優しいラパンピード、大プッシュ☆

GWキャンプ3【ギア色々】

災害時には各アウトドアメーカーも用品等の支援を行いますね。
キャンプギアは最強の災害グッズだと思います。

我が家の場合、「万が一の避難=キャンプ・野宿」を想定中。
一般の避難所に大抵ペットは入れないし、
キャンプでのどんちゃん対策には慣れていることもあり。
水・食料・燃料の備えがあれば、何日でも野外で暮らせるギア。
その幾つかを紹介します。
20120511-3.JPG
★寝具の快適さはキャンプの快適さに直結♪
【テント】 小川キャンパル Z-f
【タープ】 小川キャンパル フィールドタープヘキサST/サウスフィールド ヘキサ
【シュラフ】 モンベル バロウバッグ/スノーピーク オフトン600
【ピロー】 イスカ ノンスリップピロー
【マット】 モンベル/イスカ/サーマレスト
20120511-2.JPG
★ありがたい火・そして灯り
★焚火の火種にはどんちゃんの乾燥チモシー屑が秀逸
★コールマンのランタンとツーバーナーは夫が幼少の頃からのモノ。
 しっかりメンテすれば何十年と使える(らしい。メンテは夫任せ)
【ランタン】 コールマン ツーマントル/スノーピーク 天/ジッポー etc
【ストーブ】 コールマン ツーバーナー/イワタニ/ジッポー etc
【焚火台】 ユニフレーム ファイアスタンド2
20120511-1.JPG
★写真のカップは自宅でも愛用中、エマリアの琺瑯
★鍋、器、カトラリー等の調理道具は主に自宅モノを持参
★IKEAや100均のお手頃品も色々流用
【クッカー・器】 スノーピーク/スポルディング/サウスフィールド etc
【テーブル】 コールマン イージーロール etc
【チェア】 スノーピーク FDチェア/コールマン etc
【キッチンテーブル】 ロゴス ロールキッチン
【クーラー】 コールマン

キャンプギアの素晴らしい所は機能性は勿論、その収納性!

★「オートキャンプ」の場合、
我が家のコンパクトカーに大人2人+子1人(どんちゃん)が乗っても、
上記ギア+諸々小物+食材+衣類等をすべて積載出来ます☆

★「バイクキャンプ」の場合、荷物を絞り小型のモノを連行。
ZIPPOのランタン・ストーブは超小型。

*****

本エントリで特に紹介したいのが、このカセットコンロ!
インドアでもアウトドアでもオススメ♪
【イワタニ カセットフー マーベラス】 ⇒
20120511-4.JPG
燃料は比較的入手しやすいあのイワタニのカセットガス。
電気・ガス等のライフラインが止まった場合、必須。

名の通りマーベラスなカセットコンロです。
★カバーと風防リングのおかげで冬や暴風雨キャンプでも火力十分
★「ヒートアップ機能」で火力が衰えずガスを使い切れる
★持ち運びも簡単、縦置き収納も可能
20120511-5.JPG
アップルとイワタニがコラボ!?(してません)
勝手にステッカー貼りつけた「うさどん」仕様。

amazonや楽天ではメーカー希望価格よりお安く販売中♪

*****

東日本大震災後の買い占め騒動の時。
こちら関西でも「なんでコンロ無いんじゃボケ!」
って店員にキレてた憐れなおっさんを目撃しました。

備えあれば憂いなし、激情もなし。

GWキャンプ2【めし・焚火】

今回のキャンプは2泊3日とゆっくり長く居ました。
のんびりしに来たのにキッチリ6食作るつもり無いっちゅーに。
で、楽チン「使い回し」キャンプめしになりました♪

まず初日に、野菜色々・ベーコン・ニンニク・ローリエ等を
鍋にドカーンと入れて【ポトフ】を作りました。
新玉ねぎと春キャベツが最高にウマし!
20120509-3.JPG
ポトフはスープを多めに作るのがポイント。そう、奥さん!
旨味たっぷりスープを連日使い回すのよ〜!

翌朝。ポトフスープで米を炊いて【マッシュルームのリゾット】20120509-4.JPG
お昼。トマト・スナップエンドウ・ホタルイカを加えて【トマトパスタ】
20120509-5.JPG
夜食にほっこり。ホタルイカの旨味も染み込んだ【トマトスープ】
20120509-6.JPG
ポトフスープは一滴も残さず使い回し!
最終日の朝。【チーズオムレツのトマトソース】
20120509-7.JPG

その他。
焚火で焼いた【スペアリブ】と【玉ねぎ丸ごとホイル包み焼き】
20120509-2.JPG
ポトフにも丸ごと入れた新玉ねぎが甘くてウマウマ!
GW前半の帰省時、夫方の親戚から頂いた畑の採れたて♪
20120509-1.jpg

焚火をじっと眺めるのが好き。
大きな薪が、最期には、小さなかけらになって灰になる。
20120509-9.jpg

ドリトスにキリのクリームチーズを乗っけたつまみも外せない。
我が家の「贅沢なおやつ」と言えばコレ。
20120509-8.JPG
どんちゃんのごはんはいつもと変わらないけれど、
キャンプの特典は美味しい「山の水」が飲めることかな☆


次回エントリは、災害グッズにもなる
キャンプ道具色々をお送りしまーす、んがふふ。

GWキャンプ1【お昼寝・テンぽ】

GW後半は近くのキャンプ場でゆっくり2泊3日。

初日の天気は雨風だったけれど、
テントやタープに落ちる雨音を聴きながら
まったりのんびり過ごすのも、いとをかし。

2日目の朝、雨があがりました。
わたし達のサイトの上には大きな山桜。
20120508-1.jpg
花びらドット仕様になったテント。
20120508-2.JPG
自然がいっぱいの山キャンプだけど、
危険も多いのでどんちゃんは「うさんぽ」しません。

代わりに、日向ぼっこしながらお昼寝♪
20120508-3.JPG
キャンプには毎回「イージーホーム60」で行きます。
お尻を陽にあてて、ぬくぬくねむねむ。
20120508-4.JPG

周囲のお客さんが賑やかになってきたら、
テントに移動して「テンぽ」の始まり。
20120508-5.JPG
ケージとテントの隙間トンネルを駆け回るどんちゃん。
20120508-6.JPG

メッシュ越しに怪しげなハンドパワーを送る夫。
20120508-7.JPG

GWが終わり、日常生活に戻った今。
のんびり時間や美味しい空気が既に恋しいなあ。
と思いつつ、キャンプ記事は幾つかつづきます♪


メールフォームからのメールは順にナンバリングされて届くのですが、
数字が飛んでました。エラーかな?
5月1〜2日にメールを送ったのに未だ返信がない方、
お心当たりのある方は再送お願いしまーす☆